読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame’s blog

大切なこと

結局自分に返ってきたということ

お母さん達のなかで
とても心配性で子供の先を行っては
障害物を取り去っていく方がいます
凄い熱心に、子供が良くなるよう
被害を受けないよう

お母さん同士や、先生まで巻き込んで
子供の為にがんばります

でも見てると、子供のためじゃなくて自分のためなんだけどね

そんなお母さんって、他の子の陰口も広げてます
自覚はないのだろうけど
悪い子探ししてるの?としか思えないほど
会ったときの話は“ちょっと、あの子ってどうなの?”って始まり
個性の範疇の事でもこき下ろして発達障害にしています

彼女らの話を聞いていると
クラスの半分はおかしな子かな?
半分は知らないから被害を免れてるだけだったりね

で、必ずなのだけど我が子に不安や心配がある人です

そんなお母さんの一人が数年前に隣のクラスの男子を
変質者呼ばわりで、あの子は危ない気持ち悪いおかしい!と周りに言いふらしていました
へぇーと聞き流していたけど
気分の良いものではなく
そういうところもあるのかな?と思えるほど
断定的に言って大騒ぎしていました

数年後、そこのうちのお子さんが仲良くなったのが
その噂の男子

彼女は、自分が流した子供の噂がもとで
自分の子もそういう子と付き合う子っていう
因果応報な目に勝手に本人のなかで苦しんじゃってます
懲りない人なので、付き合ってみたら良い子なの~ってやってますが
また別の子の噂してますね

うちは早々に、距離をおかしてもらったので
噂もされてるでしょうが
幸いにも今のところ被害はありません
あっても無視するけど

それに、「いないところで悪口を言う奴は信頼されない」
ということなのか、友人も減ったようです

結局自分に返ってきたと、彼女は気付いていないと思います
今日も必死に他人のネガティブキャンペーンで自分の価値をあげようと頑張っています

目の前の自分の問題は、他人サゲしても解決しないのにね