読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame’s blog

大切なこと

都市部は、生活の糧は稼げるけど暮らすには向かない所が増えている

なんだか題名で全てなのだけど

うちは地方都市で、近隣の市町村のなかでは大きく
整備されて人工も多目の市町村です
特に駅も近く、他県からの移住者もかなり多く
マンション群も並んでいます
ここ10年程で様変わりしました

町は綺麗で明るくなったけど
なぜか異常者が増えています
ネットや情報メールの普及が井戸端会議を上回って
情報の伝達が早くなって広くなってる事を考慮しても
弱いもの(女性や子供たち)を狙う犯罪や嫌がらせが増えています

取っても綺麗に並んだ家々やマンションの数々
道路だって街路樹だって公園だってとてもきれいなのに
自由が少ないのか苛立ってる人が増えているような
それが町のカラーを作ってるような気がします

その町では、それが普通で常識
だけどちょっと移動すると
それは非常識だしナンセンス

合わない場所なら、移動するしかない

だって、満足してその普通や常識を受け入れていないせいか
弱いところに弊害が出始めていたり
異常者といわれる困った人たちが多すぎる

世界の調査で
幸福度というものを国ごとに指数で計算し順位化したもので日本は51位
なかでも他人を受容する意識が低いそう

不幸だと人に優しい思いやりなんてかけていられないし、自分がよく思われるために心が伴わない優しさなんてお腹がふくれないものね
人に優しくされ、思いやりをかけてもらったら
自分も誰かにそうしてあげたいって感じるもの

さりげない優しさや、心を感じるものは
目には見えないけど
残るし繋がっていくもの

そういうことを拡げていかないと
人として生きていくことが
苦しい世界になっていってしまいそう