読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame’s blog

大切なこと

怒りの発散

感情って抑えると
ストレスになるし、他の感情も虚ろになって
怒りを抑えたのに、喜怒哀楽が鈍くなって本気で笑えなくなった
何てこともあります

一番いいのは、怒ったらそのときに言えること
外に出せることだけど
しがらみや、いろいろあって
内に溜めてしまうなんてことは結構あります

それを繰り返すと、いつのまにか自分も信じられなくなって
不安とか心配とか、いつもソワソワ落ち着かなくなったりします

社会に出ると、おかしいってことが上からの無理強いでまかり通ってしまう事もあり
無理を通して道理を引っ込ませてしまうなんて
そういうことだって多々あります

そもそもそういう場所は、発展していく集合体ではなく衰退していくので離れるほうが良いのだけど
仕事となるとすぐに離れるわけにもいきません

引っ込めた怒りが体に溜まってしまい
毒素のように心と体を重たくして
病原菌のように蝕んでいきます



正しく怒っていいとき
気のおけない友人がいれば話すことで怒りがもう一度再燃して、自分がどんな感情を燻らせているのか
改めて気付けます

そのときに怒りをエネルギーとして別のことに使うことができます

体を動かすとか、ボクササイズやカラオケ
なにかこれだっていう発散法が
その人なりに見つかるはずです

自分を高めることに持っていけば
怒らせてくれた人にありがとうと思うくらいのパワーで高まっていくことだってあります

そもそも、人はそれぞれ大切に思う事が違うもの
そして人によっては誰かを傷付けてしか自分の偽りの幸せを噛み締められない人だっています

そういう比較競争には一線引いて疑問を感じてる人が
ここ最近は苦しんでいます
同時多発的にアチコチで起きているので
多分、比較競争で生きてるような人たちが苦しんで足掻いて優しい人にぶつけてきてるのかな?
とすら思います
本人たちは多分今の段階では何をしてるかも気づいていないでしょう

そんな人たちの意図がわかっているから相手を理解したつもりで
相手を尊重しすぎて
怒ること忘れてませんか?
泣くこと忘れてませんか?

怒りが上手に向けられない
共感力が強い
相手を気遣える優しい人こそ
人の何倍も苦しんでるんじゃないかな

でも、怒っていい時に怒ることは大切だし
まずは自分を大切にしなければいけないし
相手にぶつけなくたって、怒り自体はエネルギーのひとつです
上手く方向を見極めて扱えば
自分を動かすパワーにもなります