読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame’s blog

大切なこと

「群れ」というもの

動物は群れを作って生きている
人間だってそう

個性を押さえて、合わせながら生きている部分もある

女の人の群れの頂点付近にいる人たちって、わりと噂好きで人付き合いもそこそこ良く
陰口や噂話で結束してたりストレス発散してるような人が多い

逆らうと噂を流され排除されるからって
嫌々でも合わせたり、同調したりで
周りに疲れちゃってる人も多い

そういう理由で群れを離れた人がいて

離れた人が悪く言われているの一方的に聞くと
なんかね、もうね、こっちも疲れちゃう

癖が強いから離脱したのかもしれないけど
その人の変なことあげつらって言ったりやって、じんわりじんわりと排除してった方は
個人の嫌いっていう気持ちを、集団に持ち込んでる訳で
その人がその集団に居づらくなるような事もあったわけ

こどもおばさん、っていう言葉がピッタリな人が
残って
個人プレイも出来る冷静な優秀な人が抜けてく…

更に、その人が離脱してからも
とことん相手を悪く言う噂を聞かせてくるから
すごい執着してるなってげっそりです
終わったんじゃないのか…
しかも自分は良い人間だって疑いがないというか
「善人」だと疑わないから
改善することなんてない

最近はその人から聞く噂話は、同意しない話を逸らす
はぐらかすようにしてるけど
それすらバカにしてる!って思って不満に思うからね
異なる人間だもん、意見の違いは当然だし
みんな同じように思うわけじゃないのに

妙齢になってきた女性の意地の悪さって
ほんとに聞いてても気力を奪われます
まるで伝染病

仲良くできない人と無理に合わせようとするから、ストレスでそうなっちゃうのか
もともと、誰かを扱き下ろしてないといられない人種なのか

結論として、「おばちゃんの群れは面倒で罪深い」
そう思います