読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame’s blog

大切なこと

マウンティングママって言葉を今日知った

話していて疲れたり
なんかいやだなあって思うけど
別にあからさまに何か言われてる訳ではないのに
嫌な感じ

そういうときって、相手がマウンティングママだったりするみたい

こないだ
あるママさんから、役員仕事の件でわからないことの相談ラインがきて
それを答えた
それが地雷だった…

その人が仕事できないとか、わたわたとしてしまっていたり、
会議中に話を脱線させて混乱させていたり
なので私自身も作業上困るのでちょっと出来ないやつ扱いをしてたわけで

その人の、脱線とブレブレなのは結構周知のことで
困ったちゃんではあるんだけどね
実は、能力低く脱線させて話に加わると言うか
話題の中心に自分が行けるようにしてたりって
露見するのを避ける術でもあったんだけど

それを忘れて、それは例年はこうだよーって意見と
去年こんな感じだったから変えちゃうのもありだよって言っただけ
こっちにふられた話に丁寧に答えただけ
それを偉そうにって思うのがマウンティングさんの特徴
普通、急な質問にアンサー来たら助かったありがとうと思うのが自然なんだけど
ちょっと違う取り方をする
能力あるっぷりしやがってって取る

話を曲解しておいて
それじゃ無理じゃないかってみんな心配みたいだから
自分が、こうしたらってアドバイスしといたよ!
ってきて
結局自分がやりましたに持っていって
それが的確なら話終われるのに
ちんぷんかんぷんな事になっちゃった

ちょっとイラッと来つつ
また場を混乱させてるな、と思って処置だけ別役員と話をつけてしまったのもいけなかった

最初の段階でもうあれだけど、全体の流れを考えての処置がだめ押しになっちゃったと思われ
全く別の事で翌日、マウンティングな言動来たよ~
もう地雷だらけで手に負えない…
面倒なので、あっさりと負けをとることで
収まるっていえば収まる
でも子供のことや夫のこととか家族の事はキツいです


思い返せば、彼女と知り合った頃
夫たちが年が違えど昔から地元ということで
舅さんたちもお知り合い
それで、夫たちは面識なかったので
舅で攻撃してきてた
舅さん変わり者だしで普通に聞いてたけど

お宅の舅さん変わってるんだってね
あんなとこに嫁にきた子は可哀想ってうちの父が言ってた
と、知り合って間もない頃に言われたのが始まりだった

そこから同じ役員活動でまるっと一年、月に何回も
多いときは週に数回
事あるごとにされる直球じゃないマウンティング活動に消耗し痩せてしまい
離れた途端に戻ってきたのを見ると

よく褒めながら持ち上げて付き合えばうまくいくとか
対処で聞くけど

それは独身の場合で子供関連の付き合いじゃない場合です

自分の事ならいいけど、家族のことで言われると
飛んでくる矢すべては避けきれないです
結構なダメージ受けます
完璧な子育て出来てるなんて自負はなかなか持てないし
母親って心配性だから

なので離れるか、マウンティングママの違和感に気づいてる人と助け合うのがベストと思います

そういうマウンティング活動って自分にだけじゃないので
そばで目にしたら、攻撃を止めると言うより和らげるような
うまいフォローをしあえば、基本的に弱くて自信ないマウンティングママは相手が複数になると引きます
そして、フォローしあうと
やられた人の傷を浅くしたり、傷付かないくらいまでの効果もある
やり返すんじゃなくて、これが今のところ一番効果的です

そしてそんなの気にせず、自分が楽しいこと
自分のやりたいこと
自分の成長のために
時間費やした方が
マウンティングに参戦するより
ハッピーです