読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kame’s blog

大切なこと

困った保護者、めんどくさい女性

日本人って自分の子を良く言わないことが多いと思うんです
それが美徳という雰囲気だしね
昔の人ほどそうかも知れない
でも親しいなかでなら喜んで話したって良いと思うんです

先日、お母さんの役員集まりで
そこの一人のお母さんのこが所属するスポーツのチームが
初めて優勝したときいたので
おめでとう!という話から
スタメンで出られたんだっていう話を聞いていたんです

周りには数人いました

そしたら、別のスポーツの競技をやっている子がいるお母さんが
もやもやしていたようで
帰宅したらすぐにメールで

“あんな風に嬉しそうに自慢されたら、うんうんって聞いちゃうよね”
と速攻で送ってきました

うわ、この人
気になってしょうがないんだ
ちなみにどちらも男児の母です

役員作業の間にこの人は
その嬉しそうだったお母さんに対して
ちょこちょこトゲのあること言ってて
お宅の子は女の子とグループ組んでて
うちの子は男の子だけのグループだったわ
写真見ておどろいちゃった
みたいな…
別にスポーツできたって、うちよりお友だち少ないし
みたいな絵面にしたかったのかな

うちの子と遊んだあとに、○○君のお母さんから
あなたの子と遊べるなんて光栄だわって言われたの
とか

みんながお勉強できなくて休み時間居残りだったもので、終わってたのうちだけで一人で遊んでたみたい
とか聞かせてくれました

作業の邪魔をしないでくれ…

許せなかったんでしょうね
よその子の活躍を聞いて不安にもなったみたいですね
別のことしてるのにね

やりとりからして
そのモヤモヤや不安を、メールで私から文句でも引き出して
昇華させたかったものと思われます
ほんとに幼稚と言うか姑息と言うか
もうじゅうぶん、さっきやってたろ!(笑)

母と言うものは、我が子のことを大切に思ってるものだけど
なにかがちょっと違うし

怖い

彼女の子と同学年じゃなくて
本当によかった

“比較でしか価値をはかれない人は不幸”
つくづくそう思いました
幼稚すぎる